ラジオ書き起し(じぇりさんより)
2004.10.11(月)
FM長野【79.7MHz】
「コスモ アースコンシャス アクト FM長野 クリーンキャンペーン in 飯綱高原」

【K】…KOKIAさん
【高】…パーソナリティ:高寺直美さん

【高】
長野市にある飯綱高原大座法師池のステージからお送りしています、
『コスモ アースコンシャス アクト FM長野 クリーンキャンペーン in 飯綱高原』。
お待たせしました! 続いては、KOKIAさんのライヴでーす!

【K】
こんにちはー、KOKIAでーす!
えー、本当にたくさんの方に飯綱高原に駆けつけていただきまして、ありがとうございます。
そして、ラジオを通して私の声を今聞いて下さっている皆さん、
是非とも短い間ですけれども、KOKIAの唄を、楽しんでって欲しいと思います♪
って事で早速、歌います。『The Power of Smile』・・・

(唄)

【K】
『The Power of Smile』を聞いていただきましたー、ありがとうございます!
きっとね、この曲は、皆さんドライブの時とか、
そして、TVの中からでも聞き覚えがある曲なんではないでしょうか。
えー、そんなワケで飯綱高原より、お送りしておりますが、
今日はクリーンキャンペーンと言う事で、
皆さん朝早くからね、ゴミ拾いに精を出して下さってホントご苦労様です!
KOKIAがリハーサルに午前中着いた時にはもうたくさんの方達が、ゴミ袋を手に、ゴミ拾いをされていて、
あぁ本当に、もう着いた時にはね、ここの辺り一帯には全然ゴミが落ちてなくて、
本当に気持ちいいなぁと思いながら、今日ここに着きました。
本当にありがとうございます。
えー、ゴミはね、皆さん、ゴミ箱にね、という事で、KOKIAからのお願いでした(笑)
それでは続けて、『かわらないこと〜since1976〜』という曲を、聴いて下さい。

(唄)

【K】
ありがとうございました♪
『かわらないこと〜since1976〜』という曲をお送りしました。
えー、本当にこの曲は歌詞の中にもあるように、
「アルバム開いて 気付いたことがある 私の産まれた日 みんな笑ってた」・・・っと言う…事なんですよ。
私がクヨクヨ悩んでいた時に、
こう…ある晩、アルバムを開いたら、私が産まれた時に、母の友達や、親族やみんなが私を囲んで笑っていたその笑顔を見たら、
「こんな風にクヨクヨ悩んでいる女性に育って欲しいって思っている笑顔じゃないな、
きっとステキな女性に育って欲しいな…という、希望の笑顔だな」と、思っていたら、
なんだかこう…明るい気持ちになって「頑張ろう!」っていう気持ちでこの曲が書けました。
今日この会場にも、たくさん家族連れの方がいらっしゃるんですけれども、
きっとね、お母さんお父さんは「この子がステキな子になったらいいな」と思っていつも見守っているんではないでしょうか。
そんなKOKIA、こうして生で皆さんに歌を聴いてもらう時には必ずお送りしたい曲があります。
えー、最後になりますが、短い間でしたが、今日はその曲を最後に皆さんに聴いていただきたいと思います。
私が、どんな気持ちでいつも歌を歌っているかという、とても大事な曲です。
聴いて下さい。『Remember the kiss』・・・

(唄)

【K】
ありがとうございましたっ!


【高】
どうもありがとうございましたー!
KOKIAさんにステキな歌声聴かせていただきました!

【K】
ありがとうございました。

【高】
じゃあ、コチラにお願いしまーす。

【K】
はい、おジャマしまーす…

(BGM♪夢がチカラ)

【高】
ハイ、ありがとうございましたー!
KOKIAさん今日、裸足で歌っていただいたんですよね!

【K】
あ、そうなんですよ、私ね、いつも裸足なんですよ。

【高】
そうなんですか!!

【K】
はい。今日はなんか足元にね、カマキリ虫? がチョコチョコいたので、咬まれないか心配だったんですけど(笑)

【高】
(笑) 大丈夫でした?

【K】
はい。大丈夫です。


【高】
KOKIAさん、長野県内にはいつ以来ですか、今日は?

【K】
えー今日はですねー、約1年前の車山高原以来ですねー…。あの時も野外のイベントに呼んでいただいて、ハイ。

【高】
じゃあ、また、秋の信州という事になりますかねー?

【K】
はい、そうですねー。

【高】
秋の信州、そしてこの飯綱高原は、どうですか? いらっしゃってみて?

【K】
イイトコロですねぇ〜もう!
今ね、本当に皆さん、お客さんが座っていただいてる所は、ね、草の上で、私の真後ろに、ね、広がっている池が…

【高】
そう、池が広がってまして…

【K】
はい!

【高】
はい、さっきリハーサルの時にちょっと陽が出てるともう、池が眩しくてね、キラキラキラキラしてて。

【K】
そうですね。うんー

【高】
眩しかったですけれども…。
KOKIAさんと言えば、この夏アテネオリンピックの公式応援ソング『夢がチカラ』。
今ね、BGMにもかかっていますけれども、こちらの曲でね、大活躍というカンジでしたが?

【K】
ありがとうございます!

【高】
アテネに実際に行ったりとかはされたんですか?

【K】
行ったんですよ、私、アテネに!!

【高】
行ったんですか!?

【K】
はい、それで開会式と、柔道の金メダルを取った、谷選手と野村選手の試合を観せていただいて…

【高】
最初の?

【K】
はい!

【高】
そうだったんですか、もう金メダル、目の当たりにしてみて!

【K】
もう大っ興奮ですね!
勿論ね、金メダルだからっていうワケではなくて、
本当にね、あの・・・オリンピックの会場に行かせていただいた瞬間にね、
こう、何て言うんですか? 皆さんが、スポーツの祭典ではあるんだけれども、
みんなが一つのものに、頑張っているその姿が何かこう…平和の祭典っていうカンジがして、凄く感極まるものがありましたね。

【高】
そうですかーやっぱりオリンピックっていうのはそういう力が、あるんですねー。

【K】
ありますねー!はい。

【高】
そしてまたそれがね、曲にも生きてくるかもしれませんけれども

【K】
そうですねー。今すごいイッパイ曲を書いてるんですよ。

【高】
あっ!オリンピック効果もあってですか?

【K】
はい。ありますね。(笑)

【高】
またそれも楽しみにしたいと思いますが、えー、で、今日は、クリーンキャンペーンという事なんですけれども

【K】
はい。

【高】
何かこう、KOKIAさんがされている、地球に優しい事、ありますか?

【K】
そうですねぇ…まぁ私は、あのーもう本当にみんなに出来るような小さな事なんですけれども、
当たり前の事なのですが、ゴミを分別をちゃんとしたりとか、
あとは…スーパーとかで「袋は要りません」って言ってみたりとか。

【高】
あぁ〜ナルホドねぇ〜!

【K】
ハイ。

【高】
うん、皆さんもやってらっしゃるとは思いますけれども、
なかなかね、ちゃんと守るって、難しい事かもしれないですよねー。

【K】
そうですねー。うん。

【高】
あとなんかキャンプ場とかもお好きだっていう話をお聞きしたんですが・・・?

【K】
そうですね。私、曲を作りによくこうしたキャンプ場か、池の周りとかに行くんですけれども、
そうした時にやっぱりゴミが落ちてたりするとちょっと残念な気持ちになりますよねー…。

【高】
あぁナルホド、そういう時はちょっと気付いたら拾ったりなんかも?

【K】
そうですね。

【高】
あ、されるんですね。やっぱり、こう、一人ひとりで出来る事って、みんながね、やれば相当な力になりますもんね。

【K】
そうですね、ホントです。

【高】
継続していく事も、大事かもしれませんね。

【K】
はい。

【高】
で、あのー最近ね、地球規模で、環境に関する話題って色々ね、大きく取り上げられてますけれども…

【K】
そうですねー。

【高】
なんかこう最近、気になった事とか、ありましたか?

【K】
私、最近あった映画で『デイ・アフター・トゥモロー』っていう異常気象のね、話の映画があったじゃないですか。
それ観に行ったんですけども、観に行った直後に、この夏、日本も暑かったりとか大雨が降ったりとか大変だったんですけど。
東京もね、昨日…一昨日ですか。
台風で、私ちょうど東京にいて、もう本当にその映画の中だけの話じゃなくなってきてるのかななんて、
ちょっと怖いなーっと、思ったり…。

【高】
そうですよねー。映画の中だと東京がね、凍っちゃったりしてましたけれども。
実際に台風とか体験して、実際目にするとね、また本気でね、考えたりしますよね。出来る事を。

【K】
そうですねー。

【高】
そうですよねー。えーKOKIAさん、今後のご予定なんですけれども?

【K】
はい!
今後の予定はですね、まぁ今具体的に話せる事はあんまり無いんですけれども、
ちょっと遠くなってしまいますし、距離も遠くなってしまうんですけれども…長野の方たちにとってはですね。
東京で、12月7日に渋谷公会堂でワンマンのコンサートをやるので、
それが私にとっては、とても今年大イベントになるかなっていう…ところなんで是非とも、遊びに…12月7日、渋谷公会堂、来て欲しいです。

【高】
でも東京、長野からも全然行ける距離ですよねっ!

【K】
そうですね。今日私、朝来ましたけれども、なんのそのです。

【高】
そうですよね。

【K】
一眠りで着きましたもん。

(BGM♪a girl)

【高】
ハイ、12月7日、皆さん覚えて下さいね。渋谷公会堂でKOKIAさん、ライヴという事でね。
長野からも多分ね、たくさんお客さん行かれると思うんで。

【K】
えぇ、もう是非来て下さい!
間違いなく楽しいコンサートになると思います。

【高】
ハイ、もう大成功をお祈りしています。

【K】
ありがとうございます。

【高】
また、長野にも是非ね、遊びに来ていただいてこういう生のステージ、見せていただきたいと思いますので!

【K】
勿論、呼んで下さい!

【高】
今日はどうもありがとうございましたー!!

【K】
ありがとうございましたー!

【高】
スペシャルゲスト、KOKIAさんでしたー!!

戻る