ライブレポート2003.9.8
【Your Side 〜もっとそばに〜】渋谷CLUB QUATTRO
この日は、せっかく東京まで行って、
一人で見るのも寂しいと思って、2枚チケットをとっていたため、
東京の友達と一緒に行くことになっていたわけですが、
仕事の都合で、かなりギリギリに…
整理番号は、けっこう若い番号で取れていたのですが、
開演ギリギリになったため、すにで会場はいっぱい。
まあ、それはしょうがないからよかったんですが、
なんか変な場所にデカイ柱があって、それがすごく邪魔でした。

走ってきたので、ドリンクを飲んで一息ついてると、
プロローグが流れてきて、いよいよ感が高まります。
会場の照明が落とされて、KOKIAさんの登場。
盛大な拍手の中、特にあいさつもなく1曲目がスタート。
聴いたことのない曲でしたが、
あとで調べたら、
仮タイトルで「Cocoro」という曲だそうで、
後で聴くと、こんないい曲だったんだって思うことが多いのですが、
いかんせん初めて聴く曲なうえ、まだライブに入りきれていない状態だったので、
どんな曲だったかはちょっと記憶があいまいです。
続けて、
「The rule of the universe」と「.私の太陽」を熱唱。
「The rule of the universe」は、アルバムに収録されているので、
この曲はわかりましたが、ライブだと雰囲気がまた違いましたね。
「私の太陽」は、この日初めて聴いたのですが、
後に大好きになるこの曲ですが、このときは、
どうにもまだ集中できてなかったので、雰囲気しか頭に入っておらず、
この時点では、どんな曲かはっきりと印象に残りませんでした。

そして、いよいよ最初の挨拶。
「こんばんは〜!KOKIAです」の挨拶に、
「こんばんは〜」といくつか声が返ってましたが、
なにやら「こんばんは〜田中です」とか名乗って返してほしいとかいう話で、
もう1回「こんばんは〜!KOKIAです」
すると、バラバラと「こんばんは〜!○○です」と返ってきて、
会場が笑いに包まれました。
「今日は、ワンマンライブということなんで、楽しんでいってください!」と締めて、
そして、「かわらないこと〜since1976〜」
なんか、楽器の音が強くて、歌声に浸る妨げになっていた感があったのが、ちょっと残念でした。
インストアとかのギターと声だけというシンプルな方がかえっていい感じかも?と思いました。

続けて「大事なものは目蓋の裏」
この日初めて聴いたわけですが、
なんか訴えかけるようにくる曲だなぁ…と思いました。
それでも、この時点ではタイトルもわからなかったので、
なんとなく雰囲気が残っただけでした。

「安心の中」
ファンの人からの評判がいいという話でしたが、
はじめて聴く曲ということもありますが、
どうにもこの日は、本当にいい歌声だなぁと浸るのが精一杯で、
歌の中身まで踏み込んで聴けなかった感がありました。
まあ、これは個人的な事情ですけど。

そして、ギターの松尾さんを横に呼んで、「かわらないこと〜since1976〜」のキャンペーンで、
一緒に全国をまわったことなどを語りながら、松尾さんを紹介。
会場から「バンちゃーん」と声が飛ぶと「通ですね〜。そうなんですバンちゃんっていわれます」とKOKIAさんも返して、
さらに「バンちゃーん」と声が飛んだりして、
さらに「バンちゃんしゃべって〜」の声には、KOKIAさんが「しゃべらせません♪今日はKOKIAのライブですから」と返すと、
会場が笑いの渦に(笑)もちろん冗談ぽくは言ってたけど、
半分本気なんじゃないかと思ったりw
そして、アコースティックギターを伴奏に「そら」という曲を、しっとりいました。
KOKIAさんも言ってましたが、ほっとするような曲でした。

そして、英語なんで、歌詞の細かい内容まではわからなかったけど、
「音楽って、本当に素晴らしい!っていつも思っています。
そんな想いをこめた曲です」みたいなことを語って
「With music」という曲を披露しましたが、
1回しか聴いてないので、よくは覚えていないんですが、
音楽最高という想いが込められているということは、
その歌声から伝わってきました。
というか、彼女の音楽に対する想いは、常にどの歌でも伝わってくるわけですが。

そして、「Happy Birthday to me」
以前、インストアライブで聴いて、初めてじゃなかったので、
しっとりと歌う歌声は、本当に素晴らしいなぁ…と実感しました。

「The Power of Smile」のMCでは、
シャンプーのCM関して、
「CMに出てるの私じゃないんですけど…実はけっこう髪には自信あったりするんですよ。次はぜひ(笑)」
みたいなことを言ってました(笑)
それはともかく、この曲は本当にいい!
前回行ったライブでは、席に座ってたので立ちたいな〜と思ってましたが、
今回は、元から立ってるからノリノリに(笑)
聴いていると、ほんとに新しい力が湧いてくるっていうか、
元気になれて笑顔になれます。

そして、CD化されている曲の中では、
1・2を争うほど好きな「天使」…
悲痛かつ力強い歌声が響き渡って会場を支配します。
そして僕も支配されました。

そして、新しく書いた曲ということで、このときはタイトルはわからなかったのですが、
新曲を披露。(後に「?」でリリース)
KOKIAさんの歌にしては珍しく、激しさが前面で出た曲で、
その点でも、ちょっと驚きましたが、「人間になりたいの私」という歌詞が、とくかにインパクトが強く、
思わず、「早く人間になりた〜い」を思い浮かべてしまったりしました^^;
もちろん、「人らしくいろんなことを感じて生きていきたい」というような意味だとはわかりましたがね。

そして、「Sigh」
この歌は、まだCD化されていなかったものの、
ライブで何度か聴いて、今の自分の応援歌みたいになっている曲で、
歌う前のMCのときにKOKIAさんが話していたのですが、
サイコロのサイや、
「ぴんくの象」と同じような動物シリーズとしてサイなんだと勘違いされるという話をしていて、
実は、僕は歌詞の「進むべきは道はどこ?」ってところから、サイの目なんだと思ってたんですが、
そうじゃなくて、英語で「ため息」でした(笑)
で、何やら動物シリーズとして、ここだけの話「サイ」の歌もあるとか、
他にも、「モンキースマイル」という曲もあって、いつか披露できる機会があるかも?と言ってました。
「ぴんくの象」は、しゃべっているときのKOKIAさんを知らないと、
かなり驚く曲なので、わかっている人は皆笑っていました(笑)
で、歌に入ったわけですが、
「Sigh」は、もう本当にいいです…。
「いくつのため息に頼ってきたの?」
「暗闇だからこそ、見える光がある。だから私はこの場所から逃げ出すことはない」
「流れ着くだけの道じゃなくて、私にしか行けない道を行きたい」
「私の進むべき道は、どこ?どこ?」
こんな歌詞が出てくる曲なんですが、
毎度毎度、パワーがきまくりです。
ライブが終わった後は、いつもこの曲が、
心と頭の中を支配します。
そして、情けない自分も前に進めそうな気持ちになるのです!
はやく、CDで聴きまくりたい!とあらためて思いました。

最後の「Remember the kiss」は、
9.11のテロをキッカケに生まれた曲で、今回はそのことには触れませんでしたが、
「最後に、大切にしている曲を歌います」と言って、歌いはじめましたが。
他の曲もすごいですけど、最後の曲ということもあって、
拍手が一段とすごかったですね。

で、ある意味、お約束のアンコールですが、
最近は、拍手でやるようなんですが、
昔、高校生の頃「橘いずみ」という人のライブに行ったときは、
「イズミ!」コールをしてたんですよね(笑)
でも、正直、いつも思う事ながら予定に組み込まれちゃってるアンコールって、なんか違和感があるんですよね^^;
それはともかく、出てきたとき、
「私は、この瞬間が一番好きなんです(笑)」と言ってましたので、まあ、いいのかなとは思いますけどねw
もちろん、1曲でも多く聴きたいですし。
そして、何を歌うんだろ?と思っていたら、
2回目の「The Power of Smile」だったので、正直、あれ?と思ったりもしたんですが、
この曲自体は、最高なんで、何度聴いてもよかったですけどね(笑)
2曲ぐらいやったりして…と思ってたら1曲だけでしたけど、
よりいい気分でライブを終えることができましたね。
ちなみに、もしかしたら周りも、もう1曲ぐらい歌ってない曲をやると思っていたからか、
退場後もアンコール拍手が起こり続けていて、まさか?と思っていたら、
KOKIAさん達がでてきましたけど、さすがに「もう、何もありません(笑)」と言って、
最後の挨拶をもう1回して、去っていきました。

僕自身も楽しめたし、友達も楽しんでくれたようだったしで、
満足なライブでした。
半分以上は、聴いたことのない曲で、
それを聞けるのが楽しみだったので、その点でも、個人的によかったです。

戻る