ライブレポート2003.9.30
【KOKIA vs grass hockey】ell. FITS ALL
チケットの整理番号が18番だったので、
開場時間前に行きたかったのですが、
月末で、いろいろ忙しくて、出発がギリギリになってしまう。
車を飛ばして会場へ。
やっぱり開場時間には間に合わなかった上に、
場所が、思っていたところと違って焦るものの、
なんとか人に聞いたりしながら、会場を発見して入る。
中は、席の部分が150人ぐらいで、その後ろに若干立てる部分があるって感じの、
小さなライブハウスでしたが、
むしろ遅れてよかったかも?、どっちにしても立って聴きたかったし、
ちょうど目線的に歌ってる人と正面で向きあえる位置に陣取れたので(笑)

今回は、対バンライブなんで、
まず最初に、「grass hockey」という地元、名古屋で活動しているバンドが登場。
ぶっちゃけ、会場のほとんどは、KOKIAさん目当てなわけなのですが…
女性ボーカルの声がサイケデリックって言えばいいのかな?
なかなか魅力的な声をしていて、
ギターやベースも、なかなか雰囲気があってよかったです。
正直、複数のバンドがでるライブっていうのは、
味わいたい雰囲気をぶち壊されることがあるので、
ちょっと不安だったんですけど…
前の名古屋でのライブは、SING LIKE TALKINGに、それをやられてしまって、
ライブの後の余韻に浸れなかったんですが…。
とりあえず、今回はKOKIAさんの前にやったし、
格的には、メジャーとローカルの自主制作のインディーズバンドなんで格が違うわけですが、
「grass hockey」の女性ボーカルの人が、
「オープニングアクトではなく、対バンという形でやらせてもらって光栄です」
と言ってましたが、お客さんにとっては、
実質的にオープニングアクトみたいなもんでしたが、
実力的には、対バンと銘打つに、ふさわしいレベルだったと思います。
特に、最後に歌った「エイエンノキモチ」という歌はかなり印象に残りました。

で、肝心のKOKIAさんですが、
ライブのセットリストは、
・The rule of universe
・私の太陽
・かわらないこと〜since1976〜
・大事なものは瞼の裏
・The Power of Smile
・天使
・Sigh
・Remember the kiss
<アンコール>
・The Power of Smile
でした。

機材の入れ替えなどをおこなってしばらくすると、
プロローグのようなKOKIAさんの声での英語の朗読が流れ始め、
いよいよという雰囲気が高まる。
そして、「The rule of universe」でスタート。
東京でのワンマンのときも、
この曲をオープニングにもってきてましたなぁ。
もうかなり聴き込んだ曲ですけど、いい感じかな?
もっと強烈な、これぞKOKIAって感じの歌で始まってもいいとも正直思ったんですがね。
ただ、やっぱり生はCD以上に、歌に力がありますね。
途中、若干音響のトラブルがあったりしましたが、
まあ、そんなことは関係なく。まずは歌で挨拶といったところでした。

1曲目が終わって、いつも通り、
「ケーオーケーアイエーで、KOKIAです」の挨拶。

「私の太陽」
前回の東京のワンマンライブで初めて聴いて、
今回は2回目でしたが、
こんなにいい曲だったんだと…とあらためて思いましたね。
なんというか太陽のような厳しさと包容力を歌から感じましたね。
うーん、上手く表現できる言葉がみつからない…

そして、あらためて挨拶。
「インストアやラジオなどで、いっぱい名古屋には来ているけど、
「こうしたライブハウスで聴いてもらえるのは初めてなんじゃないかな〜と、楽しみにしてきました」
「ライブに天気は関係ないけど、いいお天気だったので、リハのあとに、
時間があったのでフラフラと近くの神社(大須観音だとは思いますが)や、
買い物に行ったりしてたんだけど、そしたらファンの人が『KOKIAさ〜ん』って声をかけてくれて、
私、東京に住んでるんだけど、あ〜名古屋の人に親しみを覚えてもらえてるんだ、
うれしいな〜、私、KOKIAさ〜んって呼ばれるとうれしいもんなんですよ(笑)」
そこで、会場から「KOKIAさ〜ん」のコールに「ありがと〜」と反応(笑)
好きなアーティストが自分の地元に親しみを覚えてくれてるってのが、本当にうれしいですよね。

「KOKIAの名前を、この曲でたくさんの人が知ってくれました。
そんな感謝の気持ちをこめて…」ということで、
「かわらないこと〜since1976〜」
もう説明不要に、いい曲ですよね。
こちらこそ、ずっとついていかせていただきますって感じでした。

「大事なものは目蓋の裏」
この曲も、東京のワンマンで初めて聴いて、
今回で2回目でしたが、
「私はここよ、ここにいるの」って歌詞があるんですけど、
そこが、最高にぐっときましたね…
なんていうか、上手く表現できる言葉が存在しないほど凄かった…
なんだかもう、ぶん殴られるような感覚でした。

そして、ニューシングルの話。
「この曲は、シャンプーのCMのために書いたってこともあるけど、
ライブで皆でのって楽しい曲がないかな〜と思って書いた曲なので、
なんていうか、鼻歌まじり〜に〜、鼻歌まじり〜に〜、鼻歌まじり〜に〜、って…」
と、ちょっとフラダンスみたいに手をゆらゆらさせながら言って(笑)
…そうやってノリをねって言うと〜、いつもクエスチョンマークのままで終わっちゃうので、
とにかく、KOKIAよりいい顔をして下さい。」
といった感じに、願いをしてました。
そして、水筒がうまく開かなくて、水が飲めなかったみたいで、
なんとか飲めたもの、2003年最大の危機だったとのことw
そして、「The Power of Smile」
KOKIAさんを好きな人って、僕も含めて基本的におとなしめな人が多いのですが、
向かい合うような位置だったし、
声はなかなか出せないけど、過剰にまわりを気にして中途半端になるのは嫌だったし、
何よりKOKIAさんに、自分の想いを少しでも感じ取ってもらいたかったので、
かなり体の動きや表情で、あなたの歌は、俺の心に響いてるぜってのを表現しましたw
そんなこともあってか、ときどき、こちらに視線をやってくれるので、
なんていうか、僕の為に歌ってくれてるみたいな感覚になるわけですよ(笑)
まあ、それはいいとして、途中から、一人が手拍子を始めたので、
僕も、それに続いて手拍子をしました。
やや時間はかかったものの少しづつ手拍子が広がっていくきました。

歌い終わったあとは、
スゲーかわいく「ノリノリだぜ〜」と一言(笑)
そして、最後に言おうと思っていたけど、
皆が楽しいから言っちゃお♪とのことで、
12月1日の名古屋今池ガスホールでのワンマンツアーライブのことを告知しました。
最初、「名古屋池ガス…??あれ?」って間違えたんですけどw
ライブのために、皆がのって楽しめる曲を、書いてるとのことで、
すごく楽しみになってきました。

「天使」
CDで聴いてもすごいですけど、この曲はライブで生で聴くと、
なんかもう、ぐわーっときて、
ちょっとやばい感じになるぐらいに、歌声が体中を支配してきます。

「Sigh」
何度も書いてますけど、
この歌は、もうライブで聴くのは何回目だろう…
聴くたびに、情けない自分でも、前に進める気にさせてくれるんです。
暗闇でしか見えない光があるってのは、ホントだよなぁ…
僕も、いくつのため息に頼ってきたんだろうねぇ…

そして、名古屋のTVとラジオの共同でやっている「ミュージックラテ」という番組で、
9月の特集アーティストになっていて、その中で、
バナナを食べたり、ピアノをひいたりしたという話をして、
「KOKIAもとっても楽しくって、楽しんでくれて、今日ここに来てくれた方もいるとおもいます。
この場を借りて、ありがとう」というようなことを話して、
会場からの「見たよ〜」の声に「ありがと〜」と応えてました。

9/27に車の中のその番組のラジオで「AMAZING GRACE」を聴いたんですが、
外見からは想像できないソウルフルな歌声で、
アメリカに行ったときに、飛び入りバーで歌ったら、
「お前の歌声はspiritualだ!」って感激してくれたという話をしてたんですが、
アメリカ人も驚いたことでしょうなぁ…

いよいよ、最後の曲ということで…
「Remember the kiss」
ライブでは必ず歌う、KOKIAさんが大事にしている曲。
「いつもは、歌う前にこんな気持ちで書きましたって言ってたんだけど、
リリースされて皆、歌詞も知ってるだろうし、噛みしめて一緒に歌ってください」と言って歌にはいっていきました。
やっぱり今回は、CDとしてリリースされた後なので、
歌詞もしっかりとわかって、
より味わい深いものとなりました。
「言葉や文化、肌の色が、信じるものが違っても 赤ん坊の泣き声は 世界中同じなのに・・・」
という歌詞があるんですが、
ちょうど歌う前に、
会場に来ていた人の赤ん坊が、鳴き声をあげてたりしてて、
なんか、妙なタイミングだなぁ…と感心してしまいました(笑)
(まあ、会場に赤ん坊を連れてくる事自体はどうかと思いますが…)

そして、「12/1に今池ガスホールで待ってます」と言って一度退場。
拍手でのアンコールの後、
やっぱり拍手だけでは、アンコールって感じがでないので、
「えーありがとうございます。アンコールなのだ、という認識のもとにアンコールいたしたいと思います(笑)」と言って、
再登場しましたが、これには、こんなところで躊躇せず、ちゃんと声をあげればよかったと、本当に後悔。
もう聴きたくないなんて人は、ほとんどいないはずなので、
もうちょっとなんとかしたいな〜と思いました。

そして、
「オフィシャルサイトにも書いたんだけど、アンコールは、お客さんのために歌う時間ではなく、
KOKIAは、お客さんがKOKIAのためにくれたご褒美の時間だと思っているので、
楽しませてもらいます。ごめんね♪笑ってちょ…♪」と言って、
(公式BBSに、同じ曲を2回歌うのはどうか…みたいな意見があったりしたのを気にしてたんでしょうね)
「The Power of Smile」
今回は、最初からみんなの手拍付き。
僕も、よりノリノリに(笑)
気持ちよくて楽しそうなKOKIAさんを見ていると、
本当にこっちまで幸せな気分に包まれてきます。
最後は、ヒューといくつも声が飛んで、
(僕もやりましたw)
もう、最高の雰囲気で幕を閉じました。
今までも最高のライブでしたけど、僕の中で間違いなく最高のライブでした。

終わってからは、
対バンだった「grass hockey」のCDを、
2曲入りで1枚300円だったので、記念にと2枚購入して、
そして、それぞれのアンケートを書いて、
余韻に浸りながら、会場を後にしました…。
帰りは、ちょっとやばいぐらいにハッピーな気分になってて、
車の中で、一人で叫んだりしてました^^;

戻る