ライブレポート2004.2.22
【日中友好平和条約締結25周年記念 日中友好歌謡祭】NHKホール
まず会場につくと、想像以上に中国系の人が多く、
ちょっと騒然とした感じ。
そして、席につくと、まわりは中国系の人達の家族連れが多い。
おそらく招待チケットで来た人達だろうと、ちょっと不安になる。
そして、入り口で配ってたパンフレットを見ると、
なんか聞いていた数より出演人数がかなり増えてる。
というか、中国の歌番組の出張版なんて話はきいてなかった。
そしてなにより、KOKIAさんの歌うのが、
The Power of SmileとRemember the kissの2曲だけだということがわかり、
せめて3曲は期待してたので、正直ガッカリ。

最初は、八千代少年少女合唱団という、
日本の合唱団がなんか歌ってスタート。
で、次はチャイナパワーとかいうのがでてきて、
昔のジャニーズみたいなパフォーマンスを繰り広げる。
正直、苦笑してしまった^^;

で、4番目に、KOKIAさん登場。
白いドレスで、The Power of Smileを歌って、
最後は飛び跳ねてました(笑)
元気そうでなによりw
そして、Remember the kiss
いつものことながら、KOKIAさん自体は素晴らしかった。

歌い終わったあとは、司会者に呼ばれて、
台湾や香港のお客さんと日本のお客さんの違いはありますか?みたいな質問に、
「向こうの人は、とてもパワフルでこっちに向かってくる感じがする」みたいなことを答えてました。
そして、あっというまに出番は終わる。

まあ、あとは面倒なので書かないけど、
イベントとしては最悪だった。
わざわざ東京まで行って見るようなイベントではなかった。

子供が前後左右でうるさすぎるは、配っていたサイリウムで遊ぶはで、
KOKIAさんのときも目の前でサイリウムで遊ばれて非常に邪魔でした。
後半になってくると特に、大人も含めて歩き回るは、平気でカメラで写真とるはビデオは撮るはで、
もうメチャクチャ。
イベントの大部分を占めた中国語で勝手に盛り上がられて、
日本人は、ほとんど放置。
なにが日中友好なのかわからない感じで、
3+3ぐらいで、一人一人を日本人にも中国人にもわかるように紹介して、
一人一人にちゃんと時間を与えて、もっと中身の濃いイベントだったらよかったが、
どっかで中国人は質より量を重視するって聞いたことがあるが、
やはり、そういうことなんだろうか?
結局、長い時間やったが、あとには何も残らないイベントで、
日本人の司会者が発したお決まりの、
「お互いにより近い存在になれた気がします」という言葉がとっても虚しく聞えました。

戻る